よちよち古書店主のまったりぶろぐ from 札幌
開業したての古書店主が、本とか、猫とか、その他色々語ります。なにせヒマですので。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終日出品 近くて遠い店
2011/03/08

こんばんは。まぐです。
またまたご無沙汰でございます。
相変わらず無駄にバタバタしております。

本日は、おとなしく本の出品作業などしておりました。
今日はなんだか寒いので。

おいら、札幌在住なのですが、昨日はちょっと市外のブックオフへせどりへ行ってきました。
ドライブを兼ねて、といった感じなのですが、ひきこもりがちなおいらには気分転換になって、なかなか楽しかったです。

だからといって、いい本が大量に仕入れられた、というほど甘くはありませんでしたが。。。
なかなか難しいですね。

家からの距離と、仕入れられる本の数が正比例してくれるのであれば、函館でも釧路でも行くんですけど。
(最近ガソリン高いですねぇ。。。困ったもんです)

じゃぁ、近所のブックオフはどうかといいますと、あまりぱっとしません。

といいますか、家から最も近いブックオフは、色々と事情がありまして、最近足が遠のいております。

わりと小さめの店舗なんですが、その割にせどらーの人がやたらと多い。
そして、なんとなくお店の雰囲気が暗く、在庫の回転もあまりよくない気がする。

そんなことは、まぁよくあることなんでしょうが、どうもおいら、そのお店で目をつけられてるっぽいんです。。。ぅぅ

どうやら、値札を剥がしたり、張り替えたりしてるんじゃないかと疑われているような気がします。。。
気のせいかもしれませんが。

せどりをしていますので、一般の方よりも多く本を見ますよね。そうすると、時々値札の貼られていない(剥がれた)本や、値札が半分くらい破れて値段がわからないことがあります。
良さそうな本だと、当然店員さんに「これ、おいくらですか?」と尋ねることになります。

あるいは、105円コーナーに105円以外の値札の本が混じっていることってありますよね。
そうすると、「この本、105円コーナーにあったんですけど、105円ですか?」
と尋ねるわけです。

ここのお店、いつもマネージャーと思しき女性がいらっしゃるのですが、なぜか、その方に話しかけるケースが多い。

だんだんと、面倒そうに対応されるようになってまいります。

そしてついに、

「この本、本当に105円コーナーにありました?基本的にISBNが13ケタの本は105円にしてませんけど」

と、驚きの対応をされてしまいました。驚きのあまり、
「あぁ、そうですか」としか言えず。。。(←おいら、気が小さすぎ。。。)

また、ある日は、値札を剥がれた本の値段を尋ねたところ、

「新しくてきれいな本は安くはしてないですよ。850円です」

とのお言葉。
あのぉ、回答の前半部分って言わなくてもいいような気が。。。
ここで、「あ、おいら、わざと値段を剥がして、値段を聞いていると思われてるかも」
と気づきまして。

なんだか切ない。。。。。

で、つい先日、買った本が、ページがはずれていたので、(よせばいいのに)返品をしに行きましたところ、
おいらが、

「あのぉ、この本なんですが、実は・・・」

と、言いかけたあたりで、

「なんですか?返品ですか?はいはい」
といった感じで例の彼女に対応され、

しかもクレカでの購入だったため非常に面倒そうに、ため息をつきながら対応されました。

なんか、完全に、彼女のブラックリストにおいらは掲載されている模様。。。(というか、お店のブラックリストにもしっかりと掲載されていそう。。。)

確かに、おいら、いつも汚いパーカー着て、無精ひげはやして、なんだかコンビニ強盗みたいな恰好してますけど、特に悪いことはしてないんですけどねー。

記憶をさかのぼりますと、数年前、せどりを始める前に、このお店でマンガを探していたときに、本棚の下の引き出し(在庫が入っているところ)を勝手に開けてしまったことがあります。
その際、店員さんに、
「ちょっと、勝手に開けないでください!」
と怒られたことがあります。

相性が悪いのねん。きっと。

まぁ、よくよく観察すると、他のお客さんにも結構冷たいみたいで、「○○って本ありますか?」と尋ねたお客さんに、
「棚になければありませんから。(中古じゃない)普通の本屋さんに行けばありますよ」
なんて言ってるのを目にしたこともあります。

ふぅ~おいらだけじゃないのか。(そういう問題じゃない気もする)

まことに切ないです。

というわけで、一番近いにもかかわらず、セールのとき以外は近寄らないようにしております。
やれやれです。

なんだか愚痴っぽくなってしまいました。すっかりおっさんです。

明日は張り切ってせどりに行ってきます!このお店以外の店舗で。。。

内容は一切理解できません。おいら文系ですので。。。

こちらは理解できそうです。うふ。

↓よろしくおねがいしまっす。
スポンサーサイト

コメント

そんな感じの悪いブックオフはつぶれてしまえ!!
[2011/03/18 04:08] URL | #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
最近はめっきり足を運んでいませんが、なんだかリアルに潰れそうな暗めの雰囲気です。
ま、セールのときのみお世話になります^^;
[2011/03/18 11:37] URL | まぐ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://greenfieldbooks.blog.fc2.com/tb.php/14-9e4830d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まぐ

Author:まぐ
古書店GREEN FIELD BOOKS 店主のまぐです。2011年サラリーマン生活に別れを告げ、古物商免許を取って古書店主になりました。よちよち歩きでやっております。
古物商許可北海道公安委員会
第101020001542号



本、買い取ります!

本棚 
在庫が激しく不足しております。ご不要の本を売ってくださいませ。本の整理、お引っ越し、遺品整理など、本を手放すご予定の方、その本捨てないでください!その本を読みたい方がいらっしゃいます。札幌日帰り圏内どこでもお伺いいたします。まずは下のメールフォームからご連絡ください。



メールフォーム

古本出張買取しております!札幌日帰り圏内どこでも張り切ってお伺いいたします。まずはご連絡くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



リンク



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。