よちよち古書店主のまったりぶろぐ from 札幌
開業したての古書店主が、本とか、猫とか、その他色々語ります。なにせヒマですので。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は大雪 プロが読む本
2011/03/03 ひな祭り

こんばんは。まぐです。
ブログを更新しないまま3月を迎えました。やれやれです。
病院やら資材の買い出しやらお見舞いやら銀行やら、その合間にブックオフをのぞいたり、無駄にバタバタしております。

そして、本日は大雪。
ただでさえ引きこもりがちがちなおいら、今日は外出したくありません。

先日から、「利益無視のアマゾン出品物最安値更新在庫吐き出し作戦」を実施していたため、そこそこ注文が入り、発送作業なんかに勤しんでおりました。
大型の写真集の発送などに手間取っております。まだまだよちよちぶりは抜けません。

↓やたら大きくて、発送に難渋しました。。。
道端ジェシカ ファースト写真集道端ジェシカ ファースト写真集
(2008/11/26)
沢渡 朔

商品詳細を見る

大雪ですし、やることもないので、アマゾンの出品作業を、テレビを見ながらまったりと行っております。

今日の出品は医学書が多めです。
ものにもよるんですが、なかなかグロテスクな写真の掲載されているものもあって、それはそれで難渋しております。

しかも、さきほど妻と焼き肉を食べに行ってきまして、なんだか気持ち悪さ倍増。ただでさえ、その手の写真苦手なのに。

↓こーゆーの
必ず上手くなる!中心静脈穿刺―部位別穿刺法のコツと合併症回避のポイント (ビジュアル基本手技 5)必ず上手くなる!中心静脈穿刺―部位別穿刺法のコツと合併症回避のポイント (ビジュアル基本手技 5)
(2007/07)
不明

商品詳細を見る

それほどでもないのかもしれませんが、おいら、メスを入れるところを見るだけで気が遠くなってくるタイプなので、なかなかきついです。

おいらにはよくわからないのですが、この手の本っておそらくお医者さんが読むんですよね?まぁ研修医かもしれませんが。
なんとなく、「こういうことができるようになってからオペに臨んでいただきたい」とか思っちゃうのはおいらだけですかね。出品しておきながら言うのもなんですが。
「必ず上手くなる!」とのことなので、さらに腕をあげていただくってことなんでしょうかね。

でもまぁ考えてみれば、学校の教員向けの「授業が盛り上がるネタ」的な本もありますし、保険の営業さん向けの「こうすれば売れる、保険営業トーク」みたいな本もあれば、「税理士のための確定申告実務」みたいな本もあるし。

そんなもんなんですかね。
その手の本を読まない人より、読んで常に色々勉強している人の方が信頼できるような気もする。あれ?なんかさっきと逆の結論になっちゃたけど。まぁいいか。

そんなこと言ってるおいらも、ちゃんと読んでたりしますが。
古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ
(2007/05)
喜多村 拓

商品詳細を見る

↑この本読むと、古書店やる気がうせます。あまりの奥深さに。見なかったことにしてます。

そんなわけで、深夜番組見ながらぼちぼち出品続けます。

↑入念な商品チェック後出荷いたしました。

↑なかなかキツイめの写真がありまして、チェックに苦労中

↓よろしくおねがいしまっす♪


スポンサーサイト
何もしない週末 彼女の願い事とは何か
2011/2/27

こんにちは。まぐです。
ご無沙汰をしております。

さて、今週末は、やや体調を崩したのと、「久々に何もしないですごしてみるかなぁ」ということで、ブックオフのセール情報も無視してぐだぐだしておりました。

なんだか週末にだらだらするのも久々です。まぁ人生全般をだらだらと怠惰に過ごしているので、別に特筆すべきことでもないような気もしますが。

よくよく考えてみると、本が好きで、本を生業にしようと思ったわけですが、本の商いを始めて以来、さっぱりまともな読書をしておりません。本末転倒です。

そんなわけで、この週末は本を読んでおりました。何を読もうか迷ったのですが、まぁ久々に春樹の短編でもまったりと楽しもう、ということになりました。

春樹の作品をお読みになったことがある方には、言うまでもないことかもしれませんが、彼の作品の中には、物語の最後に、ある種の謎を残したまま、読者をぽつんと置き去りにしてしまうというものがあります。正確にいえば、往々にしてそのようなことがあります。

それが気持ち良かったり、読者に何かを投げかけたりするわけで、ある種の魅力の一つを構成しているような気がします。

それでもです。それでもどうしても気になることがあるんです。
「バースデイ・ガール」という短編があります。

(以下、ネタばれですので、未読の方はご注意ください)

話としましては、次のような感じです。

僕と彼女が、彼女の20歳の誕生日に起こったことについて話をしている。
その日彼女はレストランでアルバイトをしていた。そのレストランでは、毎日午後8時ちょうどにマネージャが、レストランが入るビルの6階に住む(あるいは事務所を持つ)オーナーのところに夕食を運んでゆくことになっていた。食事は必ずチキン。必要なことは「チキンであること」。
その日、マネージャーが急に腹痛を訴え病院へ行くことになり、彼女にオーナーへの食事のサーブの仕事が任された。
彼女が食事を持ってゆくと、オーナーと少し話をすることに。そこでその日が彼女の誕生日であることが話題に上る。
そこでオーナーがお祝いの言葉をかけるとともに、プレゼントとして「もし願い事があるとすれば、ひとつだけかなえてあげ」るという。その願いはどんな願いでもかまわないという。そこで彼女は願いごとをひとつした。そしてオーナーはひとしきり集中し、勢いよく手のひらをあわせると、願いはかなえられたという。

当然、その願いがどのようなものであったのかは最後まで明かされない。
その願いがかなえられたかどうかは、「イエスであり、ノオね」。
そしてその願い事を選んだことを後悔しているかいないかは、はっきりとは解答されない。
少なくともその願い事は、きれいになりたいとか、金持ちになりたいといった類の願いではないとのこと。オーナーによれば「君のような年頃の女の子にしては、一風変わった願いのように見える」。
その後彼女は一度もオーナーとは会っていない。

そして、彼女は欠落感のようなものを抱えている(←おいらの勝手な解釈。抱えているように見える)。

春樹の短編としてはよくあるパターンと言えばそれまでなのですが、おいら、この願いが何なのか、無性に気になります。
気になりませんか?

「お前の下手な要約じゃ、全然気になんねぇよ」という声が聞こえそうですが、まぁ確かにその通り。
ぜひ、ご一読くださいませ。読めばきっと気になるはず。

あるいは、「それ知ってます。春樹から聞きました」という奇跡のような方がいらっしゃいましたら是非ご一報くださいませ。

この謎とは別の話ですが、おいらは、この短編の中で、オーナーが彼女にかけた祝福の言葉が大好きです。

「誕生日おめでとう。(中略)君の人生が実りのある豊かななものであるように。なにものもそこに暗い影を落とすことのないように」

なんだかとても素敵です。
20歳の誕生日の人に出会うことは(特に年をとってくると)なかなかないのですが、自分よりも若い人が誕生日を迎えた時には、おいらはこの言葉を贈るようにしています。
もちろん、出典を明かして。

気になる方はぜひご一読くださいませ。
↓「バースデイ・ガール」はこのあたりに入っています。
バースデイ・ストーリーズバースデイ・ストーリーズ
(2002/12/07)
レイモンド・カーヴァー、ポール・セロー 他

商品詳細を見る
めくらやなぎと眠る女めくらやなぎと眠る女
(2009/11/27)
村上春樹

商品詳細を見る

本日はここまで。


売れると思っていませんでした。。。

↓よろしくおねがいしまっす。

本の説明  通じてますか?
2011/2/21

こんばんは。まぐです。

昨日、今日と、仕入れた本のチェックと出品に勤しんでおりました。

商品チェックをしておりますと、書き込みを発見して切なさに打ちひしがれたり、付属品がないことに気づいて膝から崩れ落ちたり、なかなか忙しいです。

出品の際にいつも気になっていることがあるんですが、アマゾンの出品者が普通に使う本のコンディション説明に出てくる言葉って、読んでる人にちゃんと通じてるんですかね?

「カバーにスレ」
くらいはまぁ誰でもわかるんでしょうが、

「小口に微汚れ」
とか
「地に小キズ」
とか

通じてるのかなぁ。。。とか思ってしまいます。

おいらは本になじみがあるので(ないと困りますが)、「小口」とか「天」とか「地」とか「見返し」とかわかりますが、一般的にどうなんですかね。

妻に聞いてみたところ、妻は「小口」も「見返し」も「奥付」も知りませんでした。なぜか「天」はわかるとのこと。
妻がスタンダードなレベルなのか無知なのかは、おいらには判断が付きかねます。。。

時々、
「一般的な古本のレベルです」
とか
「傷みありますが、まだまだ読めます」
とか見かけることがあるんですが、わかるようなわかんないような。

そんなことを考えながら、出品をしておりました。
先日、写真集をがさっと買ったので、写真集のチェックです。えへ。

本のほかに、副業的にレコードなんかも扱っているため(どっちが副業かわかりませんが)、レコードの視聴をしながら、セクシーな本のチェックという、夢のような なかなか忙しい感じでした。

あとは売れてくれるだけ。。。

追。
本日、安岡章太郎の「海辺(かいへん)の光景」(新潮文庫)が売れたのですが、絶版だったようです。海辺の光景が絶版とは。。。なかなか厳しい世の中になってきております。

絶版なら、、もっと高くてもいいとも思いますが。

すでに売れました♪

↓よろしくおねがいしまっす


苦手科目(エロを除く)
2011/2/19

こんばんは。まぐです。
更新がとぎれとぎれになり、タイトル通り「まったり」になってまいりました。。。

さて、週末ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
おいらのように、仕入れをせどりに依存している人間は、ブックオフのセールに足を運ぶ確率がきわめて高くなります。そんなわけで、本日もブックオフを軽くぶらついてまいりました。

個人的な感覚なんですが、1月は「本半額セール」とか「単行本500円セール」とか派手なセールが多かったような気もするんですが、このところ、あまり派手なセールが多くないような気がします。

CD20%オフとか、単行本250円セールとか。

我ながら、ブックオフの本半額セールの甘い麻薬に感覚がマヒして、普通のせどりに困難を覚えつつある今日この頃です。まったく。。。

そんな中、よくあるセールが「雑誌・児童書 半額」というセール。
今日もやってました。


おいら、雑誌苦手です。。。。。


何が高いのか、なかなか感覚が掴めません。
時々、偶然にお宝的な雑誌を見つけることはあるんですが、そこからなかなか知識に結びつきません。

今日はあるお店で、雑誌コーナーを切なげな目をしながらうろうろしていると、時々見かけるベテランさんと思しき方が、

「お、ここスゴイ雑誌いっぱいあるな。すげぇ」

みたいなことを連れの方に言いながら、ガシガシ雑誌を抜いておられました。


そこ、おいら1回見たんだけど。。。。
気付かんかった。

そんなことがよくあります。
なんだかな~。

という訳で、おいらのなじみのある雑誌 = エロ本 アダルト雑誌を見てみることにしました。

意外と、高いものがあったりしました。
というか、そもそもよくわからないので、おいらの好みで、えいやっ と引きぬいてみると、なかなかいい雑誌だったりして。
アダルト雑誌の善し悪しが、本能的に身についている。。。
切ない。


アダルト雑誌コーナーにしゃがみこんでいると、どこからともなく小学校低学年と思しき少年が近寄ってきて、じっとおいらの手元を覗き込んでおります。
すぐに母親がやってきて、「ちょっと。○○(←彼の名前)。そんな変なの見ないでよ」と叱られておりました。
少年は多少の抵抗を試みたあと、名残惜しそうな目をして、母親に手をひかれて行ってしまいました。

彼はたぶんエッチな大人になると思う。実力ありそう。。。あは。
ま、男はみんなエッチって話ですが。

そんなわけで、今日はアダルト雑誌と料理雑誌とダイエット雑誌と相撲の雑誌という、訳のわからない組み合わせの商品を会計して、ブックオフのかわいらしい女性店員さんを困惑させてまいりました。
なんだかね。

読まないうちに売れてしまいました。

エッチじゃない本も仕入れたことをアピール。。。

↓よろしくおねがいしまっす。


愛宕山の登り方 あるいはブックオフバイトのスペック
2011/2/13

こんばんは。まぐです。
今日は札幌方面吹雪いておりまして、ぐだぐだしてしまいました。

昼過ぎから、ブックオフへとろとろ車を走らせました。

以前、ブックオフで、バイトさんと思われる2人の、
「看護師の本って全部この看護師資格の棚でいいんですかね?」
「それでもいいけど、看護の棚もあるからさ、適当に振り分けてよ」

なんて会話を耳にしたことがあります。
そもそも「それでもいいけど」じゃねぇんじゃねえか、って突っ込みを入れるべきという気もしますが、

「まぁ熱心に仕事してんだな」

とか思っておりました。

それにしてもです。
ブックオフの棚を日々眺めていると、「これってこの棚じゃないよね」ってのを散見します。

たとえば。

「勝ち馬に乗る」(アラ・ライズ著)←キャリア戦略(ビジネス関連)書→競馬・ギャンブルコーナーに陳列。

「バイオエシックス入門」(今井道夫編)←生命倫理学→お店によって、化学とか医学とかがんコーナーとかいろいろ(まぁ、適切な棚がないって話もありますが)

「スタバではグランデを買え! 」(吉本佳生著)←ビジネス書→「飲み物」(レシピコーナーの次あたり)

「人を惚れさせる男―吉行淳之介伝」(佐藤 嘉尚)→歴史の棚。まだ歴史に入れるのは早いかと。。。

まぁ、色々あるんですが、
おいらが見た範囲で、かなりの確率で、正しい棚に陳列されていないのが、「愛宕山の登り方 (桂枝光の落語案内 2) 」(桂 枝光ほか著)。
大抵の場合、スポーツコーナーで「登山入門」とか「これで身につく山歩き」みたいな本に挟まれて、ひっそりと身をひそめております。
出版社都合かもしれませんが、この「愛宕山の登り方」、ブックオフで陳列されている確率がやたらに高い。行けばこの本必ず売ってます。スポーツコーナーに。
時には3冊くらい在庫してたりします。
なんだかかわいそうな愛宕山です。

見るに見かねて、おいら、いつも、「趣味」のあたりの「古典落語100席」とか「談志の落語」みたいな友達がいるあたりに、そっと彼を移動してあげます。

本が悪いのか、はたまた、陳列が悪いのか、いつ行っても愛宕山はスポーツコーナーに鎮座しっぱなし。
なんだか、幸薄い親戚の子供みたいな感じがして、いつも気になってしまいます。

ごめんよ。ぜんぜん売れてないから、おいらも買ってあげられないよ。


今まで土について考えたことなどありませんでしたが、俄然興味がわいてきました。雪が溶けたらね。

おいら今まで人を惹きつけたことがないので、売れる前に読みまっす!

↓よろしくおねがいいたしまっす。




プロフィール

まぐ

Author:まぐ
古書店GREEN FIELD BOOKS 店主のまぐです。2011年サラリーマン生活に別れを告げ、古物商免許を取って古書店主になりました。よちよち歩きでやっております。
古物商許可北海道公安委員会
第101020001542号



本、買い取ります!

本棚 
在庫が激しく不足しております。ご不要の本を売ってくださいませ。本の整理、お引っ越し、遺品整理など、本を手放すご予定の方、その本捨てないでください!その本を読みたい方がいらっしゃいます。札幌日帰り圏内どこでもお伺いいたします。まずは下のメールフォームからご連絡ください。



メールフォーム

古本出張買取しております!札幌日帰り圏内どこでも張り切ってお伺いいたします。まずはご連絡くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



リンク



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。